石の疎通・・・?

先日、友人からのメールに「石の疎通・・・」との文章が。

それを見た時に????
「意思の疎通・・・」に変換するのに30秒ほどかかった。

「石」も「意思」もヒラガナにすれば「いし」だ。
でも、イントネーションが違うと意外と思い当たらない。

変換ミスは仕事柄、自分でもやるしいろいろ耳に入るが
「石の疎通」は初めてだ。

iPhoneで「いしのそつう」と打つと当然「石の疎通」が出てくる。

「いし」と「そつう」を分けて打って変換したのか!?

「いし」と打てば当然「石」が出てくる。
続いて「そつう」と打った・・・・ら・・・

「疎通」「疏通」・・・と、候補が出た。

そこで、私は「疎通?」「疏通?」
あれっ!?
どっちだ????

と、考えてしまった。

変換ミスのメールに突っ込みのメールを友人に返そうと思っていたが
「疎通」と「疏通」のどちらが正解か一瞬わからなくなった自分に、突っ込みのメールを返す資格なしと・・・・。

変換ミスには触れず返信しました。

写真選び・・・。

ホームページなどを作成するのに写真選びは重要なファクターになる。

当社では、少しでもクオリティが高く、それでいて安くお客様に提供できるように3つの写真販売サイトから探している。

客様の会社や商品などのイメージにあった写真を探すのは時間が掛かる事が多い。
でも、写真でデザインのイメージが湧いたりするので手を抜く事は出来ない。

それにしても先々週から、毎日のように2時間ほど写真探しをしている。
多い時は4時間!

PC用メガネをしていても、目がチカチカしてくる。

01

昨日も、ホームページをリニューアル予定のお客様の写真を2時間ほどかけ探した。
20点ほどピックアップ。

その写真をもとに、ラフデザインをおこす。

イメージにあいそうなのが12点・・・最終的に使うのは6点の予定。

夜、寝る時、目を閉じても写真が出てくる。

でも、より良い作品を作るためには妥協できない重要な作業だ!

今日も2点ほど探さないと・・・・。

 

Googleが内容が薄いサイトに警告!

今までもグーグルでは、無断転載や広告を誘導す為のサイトに対して警告を出したり順位を下げたりしていた。

今回(2014年1月27日)もサイト運営者向けブログで改めて警告を出した。

特定のサイトの内容をコピーしただけのサイト。
広告誘導のみを目的としたサイト。

そのようなサイトが後を絶たないためだ。

ようは、その会社やお店の内容、サービスや商品の内容を的確に書く事がより重要となると言う事だ。

ちょっと前に流行った被リンクにより順位が上がるなんて小手先の事はペナルティとなる。

ところで、内容が薄い・濃いは機械がどやって判断しているのか?

どうやらグーグルでは、人工知能を使った自然言語解析なるものを使っているようだ。
これは、人間が文章を読むように解析する技術だそうだ。

内容を的確に書くこと。
そして、人間が読んでも読みやすくする事が更に重要になってくる。

やっと、MacBookを新しくできた。

今のMacBookを使って4~5年経った。

OSも新しく出来ないので、買い換えたいと思っていた。

どうせならRetinaディスプレイモデルが良い!
でも、当初Retinaディスプレイモデルはちょっと高かった・・・。

MacBookは使用頻度が低いので、そこまで掛けてもと思っていたが・・・・
かなり安くなったので「ポチ」

01
「薄い!」「軽い!」そして「モニターが綺麗!!」

大満足!

MacBookでは、創る作業はほとんどしないので、これでスペック的にも十分!

良い買物をした!

年末年始の営業について

12月29日~1月5日まで、お休みとさせて頂きます。

新年は1月6日から通常どうり営業いたします。

2013年も、ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。