Googleが内容が薄いサイトに警告!

今までもグーグルでは、無断転載や広告を誘導す為のサイトに対して警告を出したり順位を下げたりしていた。

今回(2014年1月27日)もサイト運営者向けブログで改めて警告を出した。

特定のサイトの内容をコピーしただけのサイト。
広告誘導のみを目的としたサイト。

そのようなサイトが後を絶たないためだ。

ようは、その会社やお店の内容、サービスや商品の内容を的確に書く事がより重要となると言う事だ。

ちょっと前に流行った被リンクにより順位が上がるなんて小手先の事はペナルティとなる。

ところで、内容が薄い・濃いは機械がどやって判断しているのか?

どうやらグーグルでは、人工知能を使った自然言語解析なるものを使っているようだ。
これは、人間が文章を読むように解析する技術だそうだ。

内容を的確に書くこと。
そして、人間が読んでも読みやすくする事が更に重要になってくる。

関連記事

  1. 車両マーキング

  2. レンタルサーバー比較サイトリニューアル

  3. アクセス解析

    Google Analytics の設定を・・・

  4. 家事代行サービス

  5. レンタルサーバー仕様変更

  6. レンタルサーバー比較サイト

BLOGのカテゴリー