生命保険の保証の常識

先日、このブログで生命保険の事を書いたら、お客さまからいろいろと聞かれた。
もっとも多かったのは、生命保険の保証の常識についてだ。

保険代理店をしている友人から聞いた話しをまとめてみたい。

支払期間についてだが・・・・
これは様々で、短くも出来るし長くもできる。
短いと当然付月々の保険料は高くなる。一般的には60歳~65歳で終わるようにするのが良いようだ。

保障期間について・・・・・・
これはかなり重要!←これで私はだまされた!?
今は、「終身」と言って死ぬまでが多いようだ、私が以前入っていた保険は65歳で医療保険(入院時等に出る保険)の一部の保証が無くなるというものだった!65歳で!これから必要という時に!

支払額について・・・・
これもまた重要←こいつでもだまされた!?
私の入っていた保険は10年ごとに倍の支払額になるやつだった!今はいいです!10年後、20年後の金額を聞いてさい!
最近の良い保険はず~っと同じ支払額だそうです。

基本はこんな感じです。
それ以外に医療保険の保証の常識があるようですが、今日は時間がないので後日で。

関連記事

  1. スティーブ ジョブズ・・・

  2. 看板製作・・看板が出来るまで。

  3. 2011.桜。

  4. Acrobat&Flashのアップデート

  5. 電車&人ごみ

  6. Internet Explore9

BLOGのカテゴリー