ホームページの失敗例

ホームページをお客様が更新できるシステムですって言われたんだけど、「良くわからないんだよね」とか「実際にやってみたら変になっちゃったんだよね」などとご相談を受けることが時々あります。

この「お客様が更新できるシステム・・・・」こいつが曲者です。

当然のことながらお客様のパソコンやウエブの知識や経験などで、簡単にできる方(ほぼ出会ったことないですが)も居ればちょっと無理だろう(多くの方がこちら)という方も居ます。

自分で更新できるシステムだから高いけど、更新費が不要だからと思って、でも結局できないからとご相談を頂くことに。

簡単に言えば、ブログやお知らせなどの情報発信のページは、多少パソコンを使えれば出来るが、会社情報や事業案内などのページは敷居が高いのが現実です。

滅多に更新の必要が無いページはプロに任せ、定期的に更新が必要なページはお客様ご自身が更新をする。

これが基本的な考えです。

今のホームページは公開しただけじゃダメです、様々な情報を定期的に発信し続けなければ、効果は望めません!

そして、その部分はお客様ご自身で更新できるようなシステムを使うことが望ましいのです。

せっかく作った、公開したホームページが無駄にならないようにしましょう。

関連記事

  1. 取り返しのつかない決断をする時には・・・

  2. 何故ウエブサイトを?

  3. 看板販売サイトオープンしました。

  4. ホームページの更新頻度とアクセスに関して

  5. 車両マーキング

  6. レンタルサーバー比較サイト